下流老人の実態

増え続けている下流老人。もうこの年で貧困から逃れる術は何もない。

下流老人は見栄っ張りが多い

      2016/02/07

下流老人の趣味

下流老人の趣味は、本当にやりたいことと言うより、
見栄でやっていることが多い気がする。

職場にいる老人の中に、趣味がドライブだという人がいる。
たしかにドライブは楽しいし、良い趣味だと思う。
だが、車の選び方に問題がある。
2年前に中古のクラウンに乗り換えたと言う。
見た目はお世辞にもキレイとはいえない車だった。
購入金額が100万円らしいからこの程度かと思った。

100万円しか出せないのであれば、
小型のミニバンでもう少し程度の良いもののほうが、
長持ちするのではないかと思っていたら、
彼はこのように言っていた。

「年を取ったらクラウンクラスじゃないとみっともない」

年を取っているにも関わらず、車に100万円しか出せないのなら、
見栄を張るなよ
と言いたくなった。

下流老人に「身分相応」という言葉はないらしい。

うちの父親もそうだ。
昼食後、たまする運動もゴルフの素振りなのだ。
コースに行くお金もないくせに。

周りの人たちに、自分はゴルフをやっていると思われたいようだ。

見栄だけは一人前の老人

ハッキリ言って、財力も無いくせに見栄だけは一人前の老人は
くだらないヤツだと思ってしまう。

趣味やお金の使い道は人それぞれだから、
他人がとやかくいうものではないが、
人にどう見られるかを気にしすぎるのもどうかと思う。

30~40代の働き盛りの男が、
カッコよく見られたいという理由で
ロレックスを買うのはまだ理解できる。

年相応のオシャレというものもあるし、
ロレックスの時計をつけるだけの収入もあるはずだから。

しかし、60~70代の年金生活者が
見栄を張ったところで、カッコいいと思う人は少ないだろう。

結局、実際に財力がないから、お金があるように
見せたいだけなのかもしれない。
お金にゆとりのある人ほど、自分に合った生活を
送っている気がする。

 - ブログ ,