下流老人の実態

増え続けている下流老人。もうこの年で貧困から逃れる術は何もない。

アラフォー男が結婚する確率

      2016/04/19

アラフォー男の結婚率

35歳を過ぎて結婚できるのは、
男性3%、女性2%という結果が国勢調査により発表された。

2010年の調査結果によると、
2005年に35~39歳だった男性の未婚率は約31%。
5年後の40~44歳になったときの未婚率は約28%。
よって3%しか結婚できなかったという計算になる。

アラフォーの31%の中には、女性と付き合った経験のない
人も多くいるだろうし、そのような男性が今後女性と
付き合える可能性は限りなく低いだろうと想像できる。

また、私のように過去に女性と付き合った経験がある男でも、
年齢を重ねれば顔も老けたり、お腹が出てきたりして、
見た目が悪くなるため、どんどん女にモテなくなる。
さらに普通の女性であれば、既に結婚しているだろうから、
狙っていける女性の人数も減ってくる。

アラフォー男の結婚率がたった3%しかないのも
うなずける結果なのだ。

結婚する気がない男たち

ヒルズ族と呼ばれるような成功を手にした男たちの中には、
自らの意志で結婚しない人もいる。

彼らには余裕がある。
金銭的に余裕があるのはもちろんだが、
結婚に対しても、その気になればいつでもできる
という自信がある。

仕事、趣味、友人関係など今ある生活や人間関係に
幸福感があり、満ち足りた人生を歩んでいるため、
アラフォーになったとしても急いで結婚しようと
思わないのだろう。

人気お笑い芸人の「有吉弘行」も同様の理由で
結婚しないのかもしれない。

生物的に考えると、力を手に入れた生き物は、
子孫を残そうとする意志が弱まるのかもしれない。

結婚以外の幸せの形

富や名声を獲得した人間は、結婚せずとも幸福である。

しかし、私のような一般レベルの収入しかない人間が
結婚できないとなると、何か別の形で幸福感を
得たいと考えるようになる。

とはいえ、世界一周旅行とか、クルーザーを買うとか
お金と時間のある人間ができる遊びを
することは不可能だ。

そして、私の趣味といえばゲームだ。
これはこれで楽しいし、一生続けたい遊びだ。

だが、半日くらいゲームしていると、
飽きてくるし、むなしくなるときがある。

37歳の今、結婚以外の幸せはこれだと
いうものは何も思いつかない。

 - ブログ ,