下流老人の実態

増え続けている下流老人。もうこの年で貧困から逃れる術は何もない。

万引きを注意された老人が、傘で乳児をケガさせた事件

   

万引きしたうえに、乳児にケガまで負わせた「前田稔正」容疑者

佐賀県鹿島市のスーパーマーケットで、お父さんに抱かれた乳児に
ケガを負わせた老人が現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは佐賀県鹿島市納富分(のうどみぶん)に住む
「前田稔正」容疑者(77)です。
鹿島市内のスーパーマーケットの惣菜コーナーで、
唐揚げ1コを万引きし、乳児を抱えた父親に注意され激怒した。
そして、生後10ヶ月の男児の脇腹を突き、ケガを負わせました。

「前田稔正」容疑者は酒を飲んでいたようで、
「何をしたのか覚えていない」と容疑を否認しています。

年をとっただけで見習うところがない「下流老人」

本来であれば、若い父親世代の人間にいろいろなアドバイスを
してくれてもよさそうな老人たちが、頻繁に事件を起こしています。

前田容疑者は1歳にも満たない赤ん坊にケガを負わせました。
とんでもない人間だし、もう二度と刑務所から出てくるなと
思う人も多くいるでしょう。

こんな事件がニュースになると、年寄りを敬うなんてことは
できなくなります。
一部のモンスター老人の為に、尊敬できる年配者まで悪い目で
見られてしまいます。
本当に残念なことです。

そもそもですが、前田容疑者はなぜ唐揚げ1個なんて
万引きしたのでしょうか。
飲んでいたお酒よりも安いと思うのですが。

今の時代、万引きをする老人が増えているようなので、
前田もその一人かもしれません。

万引き老人には2タイプがいて、
1つは下流老人タイプで、貧困のため、物を買うお金がなく
食品や生活用品などを主に盗みます。

もう1つは寂しがり屋タイプで、生活できるだけのお金はあるものの、
子供や孫、パートナーにあまり相手にされず、
気を引くために万引きをするタイプです。

どちらも可愛そうな老人かも知れませんが、
万引きは犯罪です。同情の余地など微塵もありません。

また、前田容疑者のように酒を飲んでいて覚えていないなどという
言い訳も絶対に認められません。

このような老人たちは、無駄に年をとっただけで、
見習うようなところは何一つない下流老人です。

残りの余生は、他の一般の人間とは別の世界で
過ごしたほうがよいのかもしれません。

 - 老人事件簿 , ,